17.9.2019
saat

All Language

教育における 101 のステップ

      オスマン・ヌーリ・トプバシュによって書かれたこの作品では、教育の重要性について包括的に言及されている。さらに、教育における家族の立場、教育者が生徒にどのように接するべきかが説かれ、教育者が常に忍耐強く、生徒に対して優しい言葉を用い、寛容であるべきだと指摘されている。この作品は教育者がいつでも活用できる参考文献という性質を備えている。


オスマン・ヌーリ・トプバシュ
ISBN: 978-6053-024-25-5


最期の息

     オスマン・ヌーリ・トプバシュによって書かれたこの作品では、全ての生物が死にゆくことと並行して、イスラーム教徒もまた限られた数である呼吸を、はかない存在であるこの世界における最期の息であるかのように見なすべきであること、いつでも良いしもべとしてこの世界から去っていくことを目的とするべきであることが指摘されている。また、しもべが常に犯した罪の為を悔やみ、涙の中で創造主に悔悟を行うこと、いつでもドゥアーでよいこと、素晴らしいことを求めるべき、といった項目も、言及されている内容の一部である。


オスマン・ヌーリ・トプバシュ
ISBN: 978-6053-024-58-3


最後の啓示宗教 イスラーム

     ムラット・カヤ博士の手によるこの作品は、イスラームの基本的原則、イスラームのハラールとハラーム、イスラームの信仰の基本、崇拝行為(イバーダ)、イスラーム教徒の聖典クルアーンと預言はムハンマドについての貴重な知識を含むものである。この本はイスラーム教徒ではない者、イスラームの一般的な基本についてよく知らないイスラーム教徒がイスラームについて意識を得ることのできる素晴らしい文献である。


ムラット・カヤ博士
ISBN: 978-6053-024-75-0


万物、人間及びクルアーンにおける - 熟考

     オスマン・ヌーリ・トプバシュによって書かれたこの作品では、預言者ムハンマドの主たるスンナの一つである「熟考と考察」の重要性、効用、そしてどのように実践するべきかという点について言及されている。イスラームが熟考に与えている重要性にもかかわらず、人間はこの世界での仕事に重きを置き、熟考から遠ざかって生きていることが指摘されている。また一歩で、寿命という資本が永遠の生を得る為の唯一の道であることを指摘し、このことを把握しつつ熟考のうちに行動する者が、この世界でも来世でも成功する者となること、逆の方向性で生きた者はそれらを損なう者となることが不可避であることが語られている。


オスマン・ヌーリ・トプバシュ
ISBN: 978-6053-024-83-5


  1. Page :
  2. |
  3. 1
STATISTICS :    Total number of languages : 53    Total number of materials : 1.461    Total number of downloads : 1.329.162      ALL STATISTIC 

Coded by IBB SOFT