教育における 101 のステップ

      オスマン・ヌーリ・トプバシュによって書かれたこの作品では、教育の重要性について包括的に言及されている。さらに、教育における家族の立場、教育者が生徒にどのように接するべきかが説かれ、教育者が常に忍耐強く、生徒に対して優しい言葉を用い、寛容であるべきだと指摘されている。この作品は教育者がいつでも活用できる参考文献という性質を備えている。


Read In Other Languages

ALBANIAN
ARABIC
BULGARIAN
CHINESE
ENGLISH
FRENCH
KYRGYZ
RUSSIAN
SWAHILI
UYGHUR