最期の息

     オスマン・ヌーリ・トプバシュによって書かれたこの作品では、全ての生物が死にゆくことと並行して、イスラーム教徒もまた限られた数である呼吸を、はかない存在であるこの世界における最期の息であるかのように見なすべきであること、いつでも良いしもべとしてこの世界から去っていくことを目的とするべきであることが指摘されている。また、しもべが常に犯した罪の為を悔やみ、涙の中で創造主に悔悟を行うこと、いつでもドゥアーでよいこと、素晴らしいことを求めるべき、といった項目も、言及されている内容の一部である。


Read In Other Languages

ALBANIAN
AMHARIC
ARABIC
BASHKIR
BENGALI
BULGARIAN
CHINESE
DUTCH
ENGLISH
FRENCH
GEORGIAN
GERMAN
INDONESIAN
ITALIAN
ITALIAN
KAZAKH
KURDISH
MALAY
PERSIAN
POLISH
PORTUGUESE
RUSSIAN
SPANISH
SWAHILI
TIGRINYA
TRADITIONAL CHINESE
TWI
UKRAINIAN
UYGHUR
UZBEK
WOLOF